シナリオで使える様々なアクション

ユーザーにメッセージを送る

コンシェルジュでは、様々な形式のメッセージをボットからユーザーに対して送ることができます。テキストメッセージ・画像・動画はもちろん、カルーセルといった画像・テキスト・ボタンで構成されるオブジェクトも使用可能です。ボットからユーザーへのメッセージは、シナリオ作成画面でクリックしていくだけで作成できます。

コンシェルジュでユーザーに送信できるメッセージ形式

  • テキストメッセージ
  • 画像メッセージ
  • ボタン
  • カルーセル
  • グーグルマップ
  • 音声

チャットサービスによって使用できるものとできないものがございます。詳しくは対応一覧表をご覧ください

ユーザーのメッセージを理解する

コンシェルジュでは、ユーザーからのメッセージを理解するために様々な機能を持っています。

ユーザーが何かメッセージを送った際に、次にボットはどのように返せば良いか?これを考えるために、以下の条件をボットは調べることができます。

  • 直近のユーザーのメッセージの内容
  • 過去にユーザーが話し、ボットが記憶している内容
  • 現在の日付・時間
  • 現在ユーザーがいる場所(ユーザーが場所情報を送信した場合のみ使えます)

これらの条件をベースに、ボットは次にユーザーに送信するメッセージ内容を構築し送ります。

例えば、これまでの話の中でユーザーが「赤ワイン」を探していて、直近のユーザーのメッセージが「今購入できるワインのリストを教えて」であった場合、ボットは自社で販売している赤ワインのうちオススメのリストを返すことができます。さらに、ユーザーがいる場所に一番近いお店を案内し、ただし業務時間外なら本日は閉店している旨を伝えたのち、明日に来ていただければお店で使えるクーポンを表示するといったシナリオも構築できます。